観光スポット SPOT

記事内容を見る

桜の名所 月岡公園(上山城)

見どころ

約100本もの桜が咲き乱れる桜の名所

記事内容を見る

ソメイヨシノの古木やシダレザクラのほか、数は少ないがケイオウザクラもあり、約100本もの桜が咲き乱れる。

周辺には上山城や足湯があり、桜や蔵王連峰を眺めながら観光が楽しめる。

かかし茶屋でお買い物もおすすめ。

周辺に無料駐車場あり

住所・会場 〒999-3154 上山市元城内3-7
TEL / FAX TEL:023-672-0839
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分
閉じる

記事内容を見る

上山城郷土資料館

見どころ

城郭型郷土資料館として昭和57年に開館。地域の自然、歴史、文化等の資料を展示する常設展と、時代社会にあった特別展を開催しています

記事内容を見る

上山城は、最上氏の最南端の城塞であり、米沢の伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となりました。

最上家改易の後は歴代藩主の居城となりましたが、城下町まで含めた諸施設が整ったのは土岐氏の治政下で、

月岡・天神森にそびえる壮麗な城郭は「羽州の名城」として広く知れわたりました。

しかし、元禄五年(1692)土岐氏の転封と共に、幕府により取り壊され、

現在は堀跡や石垣が当時の名残をとどめています。

天守閣からは、上山市内や蔵王連峰が一望でき、周辺には足湯やかかし茶屋(売店)もあります。

 

◆エレベーター、多目的トイレ、ベビーベッド、コインロッカーあり

◆お体の不自由な方は裏の通用口より入館できます(インターホンを押してください)

◆けん引式車いす補助装置「JINRIKI」を無料で貸し出しております。

貸し出し用のベビーカー・車椅子もあり。受付にお申し出ください。

日時 9:00~16:45(最終入館受付)
住所・会場 〒999-3154 上山市元城内3-7
TEL / FAX TEL:023-673-3660(公益財団法人 上山城郷土資料館)
定休日 施設メンテナンス休館日、燻蒸休館日、年末休館日(詳しくはホームページをご覧ください)
料金 大人:410円 高校・大学生:360円 小・中学生:50円

※ 団体割引有り(20名以上)
※ 小・中学生は土曜日無料
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分
周辺無料駐車場あり
ホームページ http://kaminoyama-castle.info/
閉じる

記事内容を見る

花咲山展望台(恋人の聖地)

見どころ

上山市街地はもちろん山形市、蔵王連峰が一望できる絶景スポット。恋人の聖地で幸の鐘が皆様をお待ちしております

記事内容を見る

「花咲山展望台」は、葉山温泉街のすぐ裏手に位置する花咲山の中腹にあります。

そこは“プロポーズにふさわしいロマンチックな場所”として『恋人の聖地』に認定されており、

快晴、雨上がり、朝もや、夜景など、

さまざまなかみのやま温泉の街の表情を眺めることができるオススメスポット!

こだまが返ってくる「ヤッホーポイント」や「幸の鐘」が設置されており、

若いカップルを中心に多くの観光客が訪れる。

住所・会場 上山市葉山
アクセス JRかみのやま温泉駅より車約10分
登り口に無料駐車場あり(数台)
ホームページ http://www.seichi.net/
閉じる

記事内容を見る

斎藤茂吉記念館

見どころ

蔵王連峰を望むみゆき公園内にあり、年間を通して多くの茂吉ファンが訪れます

記事内容を見る

※平成29年9月1日(金)~平成30年4月26日(木)まで、リニューアル工事のため休館となります。

 

近代短歌史上に示された輝かしい業績を残した歌人・斎藤茂吉のふるさと、山形県上山市。

その生家は、市街北部の金瓶の地にあります。

斎藤茂吉記念館は、その茂吉の生家の近く、東に蔵王連峰を仰ぐ景勝地「みゆき公園」のなかに、

1968年(昭43年)に開館しました。

明治15年(1882年)、上山市金瓶に生まれた斎藤茂吉は医師・歌人として大成した後も、

故郷の自然を生涯忘れず、多くの秀歌を残しています。

蔵王を望むみゆき公園内には茂吉の業績をたたえ記念館が設立され、

年間を通して多くの茂吉ファンが訪れています。

日時 9:00~17:00(入館受付は16:45まで)
住所・会場 〒999-3101 上山市北町字弁天1421
TEL / FAX TEL:023-672-7227 / FAX:023-672-2626(財団法人斎藤茂吉記念館)
定休日 12月28日~翌年1月3日/7月第2週の7日間(月曜日~土曜日) ※平成29年9月1日(金)~平成30年4月26日(木)まで、リニューアル工事のため休館となります。
料金 一般 大人:500円 学生(高校生):250円 小人(小・中学生):100円
団体(10名)大人:400円 学生:200円 子供:50円
アクセス JRかみのやま温泉駅より車約5分
JR茂吉記念館前駅より徒歩約3分
ホームページ http://www.mokichi.or.jp/index.html
閉じる

記事内容を見る

斎藤茂吉の生家と宝泉寺

見どころ

茂吉の故郷 金瓶地区

記事内容を見る

斎藤茂吉の生家は、宝泉寺の東隣りにある。

この宝泉寺の窿応(りゅうおう)和尚からつねに深い教育を受け、書を習い少年期を金瓶で過ごした。

とても上手な凧絵を描いたのもこの頃である。

茂吉は、生前自分の墓をこしらえており、死後自分の尊敬する窿応和尚の墓の傍らに分骨してもらい、

アララギの樹下に「茂吉の墓」が建っている。

境内には歌碑もあり、懐かしいふる里に静かに眠っている。

住所・会場 〒999-3101 上山市金瓶北
アクセス JRかみのやま温泉駅より車約10分
閉じる

記事内容を見る

西光寺

見どころ

正応元年(1288)開山 桜の名所としても知られる

記事内容を見る

正応元年(1288)、其阿上人見松西光和尚の開山。

春は桜の名所としても知られ、樹冠は市内最大級。

満開時になると、朱塗りの山門が桜で覆いつくされる。

 

【寺宝】

・本尊、善光寺式三尊(金銅)惠心僧都の作と伝えられる(鎌倉前期)

・来迎阿弥陀仏絹他彩色密画 芝尊海53歳筆

・牡丹唐獅子の画 狩野守房筆 伊達家より拝領とされる

住所・会場 〒999-3144 上山市石崎2-6-8
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分
閉じる

記事内容を見る

石崎神社

見どころ

例祭7月15日

記事内容を見る

明暦4(1658)年創立。須佐男尊を祀る

例祭の7月15日は、お祓いやお神輿でにぎわう

住所・会場 〒999-3144 上山市石崎2-5-8
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分
閉じる

記事内容を見る

十日町の市神石幢(市神様)

見どころ

室町時代の初期に造立された、六面の単制石幢

記事内容を見る

室町時代の初期、永享3(1431)年に造立された六面の単制石幢。

当初からのものは幢身のみであるが、その高さ124cm、一面の幅27~30cmの安山岩で、

上部は少し切断されて各面に陽刻した地蔵像が3分の2くらいになっている。

笠と宝珠は、上山大火の折に失われ、あとで補った。

毎年正月10日には、初市として市神を祭っているが、昔は町中に大いに賑わいを見せた。

 

*単制石幢 幢身にじかに笠をのせたもの

住所・会場 〒999-3153 上山市十日町(荘内銀行上山支店そば)
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約10分
閉じる

記事内容を見る

楢下宿 眼鏡橋

見どころ

楢下宿の中央を流れる金山川に架かる、当時では珍しい西洋の土木技術を取り入れた石造りの眼鏡橋。市指定文化財。

記事内容を見る

楢下宿の中央を流れる金山川には、当時では珍しい西洋の土木技術を取り入れた

石造りの眼鏡橋が二つ架けられました。

『新橋』は、明治13年8月竣工のアーチ式石橋。建造費は郡補助金と住民の立替金。

完成後、利用者から橋銭を徴収し返済の一部に当てられました。

『覗橋』は、上流の新橋が完成した2年後の明治15年に旬国したもので、費用は全額地区負担、石材は凝灰岩。

アクセス JRかみのやま温泉駅より車約20分
大黒屋隣の駐車場をご利用ください
閉じる

記事内容を見る

武家屋敷

見どころ

現存している4軒(森本家、三輪家、山田家、旧曽我部家)とも、武家屋敷として往昔の佇まいを見せ、当時をしのばせている。

記事内容を見る

上山城(月岡城)が天文4年(1535年)に築かれると、その西・北部一帯は武家屋敷となり、

この仲丁通りには、藩の要職にあった家臣が居住していました。

現存している4軒(森本家、三輪家、山田家、旧曽我部家)は、茅葺屋根、鉤型の曲屋で、

玄関と通用口とを別にする武家中門造りの建築様式です。

 

4軒とも内外装の改築も少なく、武家屋敷として往昔の佇まいを見せ、当時をしのばせています。

(4軒とも市の有形文化財に指定されています)

 

・三輪家のみ内部見学可

入館料/大人210円、学生160円、小人50円(20名以上団体割引あり)

休館日/水曜日、年末年始

住所・会場 上山市鶴脛町1丁目 (旧曽我部家:上山市鶴脛町1丁目7-38)付近
TEL / FAX TEL:023-672-1111(上山市教育委員会生涯学習課)
定休日 水曜日、年末年始
アクセス JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分
周辺無料駐車場あり
ホームページ http://w01.tp1.jp/~a073735831/
閉じる